シミ取りをレーザー治療で行う際のリスクを知っておきましょう

レーザー治療のリスク

レーザー治療でシミは完全になくなるわけではない

シミを作り出しているのは、メラノサイトという細胞です。しかし、レーザー治療によって破壊できるのはメラノサイトではなく、シミそのもののメラニン色素になります。このように、レーザー治療ではシミを作る大元を破壊することができないので、シミが完全にできなくなる訳ではありません。そのため、治療後もシミを作らない予防対策が重要となってきます。

レーザー治療後に起こる炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、レーザー治療によってメラニン色素が増えてしまい肌が黒ずんでしまう現象です。こうならないように、施術を受けた箇所を刺激しないことや紫外線を浴びないようにしておきましょう。施術後の肌は敏感になっているので、シミができやすくなっています。ですから、細心の注意を払う必要があります。

レーザー治療のリスクを知ってから施術をしましょう

シミ取りは簡単にレーザー治療で改善することはできますが、リスクを知っていなければ悪化する場合があります。そうならないように、医師から伝えられたことは守って安全に治療を行いましょう。

UVカットの化粧品を使っても日差しを浴びることは危険

レーザー治療後に、UVカットの化粧品を使っていれば日差しの下にいても大丈夫と考える人がいます。しかし、レーザー治療後はたとえUVカットの化粧品を使っていても危険です。紫外線の影響はとても大きいので油断をしてはいけません。