シミのない美肌になるためにレーザー治療のことを知っておきましょう

シミ対策の化粧品

UVカットの化粧品などシミ対策の化粧品は数多くあります。しかし、シミ対策を効果的にするには自分の肌に合った化粧品を使うことが良いでしょう。

シミが起きる原因は様々あります

日焼けによるシミ

紫外線は、肌に大きなダメージを与えてしまいます。紫外線によるダメージを受けてしまうと、メラニンが活性化して色素沈着を起こしてしまうのです。ですから、紫外線対策を十分にすることが重要になるでしょう。

肌に潤いがなくなることでできるシミ

乾燥して肌に潤いがなくなってしまうと、角質層が硬くなってしまいます。そうなることで、古い細胞が肌の表面に留まりやすくなるのです。古い細胞が肌に留まると、新しい細胞が作られなくなってシミができてしまいます。

ニキビ跡を放置したことでできるシミ

炎症が強いニキビ跡を放置してしまうと、やがてはシミになってしまいます。また、ニキビが化膿してしまっている場合は、シミだけではなく肌に凹凸ができてしまう可能性が高くなります。

間違ったスキンケアが原因のシミ

化粧水や乳液をつける時に強く擦ってしまうと、肌が傷ついてしまいます。肌は、刺激を受けるほどシミやニキビなどになります。そうならないように、肌はデリケートということを忘れずにスキンケアを行いましょう。

乱れた生活によってできるシミ

血行不良は、新陳代謝を悪くさせてしまいます。バランスの悪い食事や運動不足、睡眠不足によって色素沈着が起こり、シミの原因になるのです。ですから、シミを作らないように生活習慣の見直しをする必要があります。

シミに関するQ&A

シミを作らないスキンケア方法はありますか?

肌はデリケートなので、強く擦ることは厳禁です。また、スキンケアの際にはぬるま湯で汚れを洗い流してから行うと良いでしょう。

レーザ治療後に日光を浴びても大丈夫ですか?

日光による紫外線をレーザー治療後に浴びてしまうと、シミが悪化してしまう可能性があります。ですから、極力日光を浴びないようにして下さい。

レーザー治療はどんなシミでも対応できますか?

レーザー治療は多彩なので、症状に合った方法で行うことができます。症状に合った治療をすることで、改善が期待できるでしょう。

血行不良が原因でシミになることは本当ですか?

生活習慣の乱れによって血行不良になると色素沈着が起きてしまいます。色素沈着が原因でシミはできてしまうので、シミを作らないようにするには、生活習慣の改善まで必要になるでしょう。

レーザーによる治療の痛みはどれくらいですか?

レーザー治療の種類によりますが、痛みは輪ゴムで弾かれた時の痛さに近いです。我慢出来ない痛さではないので、痛みに弱い方にもレーザー治療をおすすめします。

<PR>
気になるニキビ跡は美容整形外科で治そう
実績豊富なクリニックをピックアップ。【PR】
大阪で脂肪吸引施術を受けたい人必見
人気クリニックを利用した人の感想をすぐにチェック☆【PR】
美容皮膚科なら神戸のクリニックへ行こう。
いつまでもキレイな肌でいれる施術に注目。

レーザー治療でシミ取り

出血が少なく傷の治りが早い炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、水分に吸収される赤外線を当てることで皮膚に熱を与えてます。炭酸ガスレーザーは、切開・止血・凝固を一度で行うことができるのです。また、出血が少なく薄い皮膚にも対応できるので傷の治りが早いというメリットがあります。

シミだけではなくアザなどにも効果的なYAGレーザー

YAGレーザーは、薄茶色のほくろや、シミ、アザなどの幅広い治療に使用されます。メラニン色素がある場所だけに反応するため、周囲の組織に傷をつけることなく効率的に色素を除去できるのです。

レーザー治療の中で1番威力のあるルビーレーザー

ルビーレーザーは、顔にあるほとんどのシミに有効です。老人性色素斑や太田母斑などに使うことが多いでしょう。しかし、肝斑には使用できないなどの注意点があります。